mmr-mandalay-013

ポッパ山日帰り観光ツアー

まるで天空の寺! ポッパ山の中腹にある、山頂に寺院があるポッパ・タウン・カラット山を観光しよう!

バガン近くにあるポッパ山は標高1518mもの高い山。ポッパ山には古くからミャンマーの信仰である家を守る精霊など37の神、「ナッ神」の聖地として有名。中腹にある山、ポッパ・タウン・カラットの頂上にはナッ神が祀られていて多くの人で賑わっています。頂上からの眺望も素晴らしいポッパ山を堪能していただきます。

格安の 296USD [約32,135円]

今ならアンケートに答えた方に5%キャッシュバックキャンペーン実施中!!
ツアー終了後にメールで届くアンケートフォームから400文字以上の体験談を投稿いただくだけで、ツアー代金の5%を返金いたします!

ツアー時間:日帰り

このツアーのみどころ

  • タウン・カラット修道院

    ポッパ山の標高737メートルの高さの場所にそびえたつタウン・カラット修道院は、まさに「天空の城」。

    修道院は崖に取り囲まれるように建っており、周囲の絶景を楽しむことができます。
    ナッ信仰の聖地としても有名で、観光客に向けた土産物屋もたくさん見られます。

    ナッ信仰とは、ミャンマーに仏教が伝来する前から信仰されてきた民間の土着宗教。
    精霊「ナッ神」をまつっている総本山です。

  • ポッパ山

    ポッパ山はミャンマーの中心部にあり、マンダレー地方のバガンの南東約50キロメートルにある標高1518メートルの死火山です。
    中腹には神聖なポッパ・タウン・カラット修道院を見ることができます。
    現地の人達はポッパ山を「タンマギー」と呼んでいます。タウン・カラットの母なる丘という意味ということです。

    空に浮かび上がるタンマギーの大きな円錐形の山頂は、まるで日本の富士山のように見えます。
    また、この山はミャンマーの最も強力なナッ(精霊のような存在)の住処とみなされていて、ナッ信仰の中心地として最も重要で、ビルマのオリンパス山といわれています。

monomiスタッフから一言

登山道にはたくさんのみやげ物屋があることから、地元の人も多く訪れるスポットとわかります。
タウン・カラット修道院へ向かう道中には、ヤシ工房に寄り道するのも面白いですよ。
砂糖菓子から、焼酎まで、あらゆるヤシ製品を味見できるかも?

日帰りでは難しいかもしれませんが、日程に余裕があれば、ポッパ山にも登山する価値はあります。
山頂周辺の急峻な渓谷がドラマチックで、晴れた日には壮大な眺めを見渡すことができます。
時にはバガンとイラワディ川まで見ることができ、目を上げると、タウン・カラット修道院の最高の景色だけでなく、
数多くの種類の色とりどりで印象的な鳥や蝶の姿を見ることができます。


ツアースケジュール

集合場所 ホテル
出発時間 5:00
行き先
  • 5:00 amポッパ山に向け出発

    9:00 amポッパ山到着

    ポッパ山を1日中観光

    2:00 pmマンダレーに向け出発

    6:00 pmマンダレー到着

支払い方法

クレジットカード

  • visaカード
  • MasterCardクレジットカード

変更・取消規定

  • 当該ツアー・イベント催行日 14 日前より: 代金の 30%
  • 当該ツアー・イベント催行日 7 日前より: 代金の 50%
  • 当該ツアー・イベント催行日 3 日前より: 代金の 100%

ツアー備考 / 注意事項

【注意事項 ※必ずお読み下さい。

  • ︎パゴダや仏像は、宗教的な行事や急な修理により見学できなくなる場合があります。
  • 交通機関の状況等により、スケジュールは前後する可能性がございます。
  • 雨期(5月~10月下旬)は雨が多くなります。
  • 傘などの雨具をご持参ください。
  • ︎ツアーにはホテル代金は含まれません。
  • [最少催行人数:1人]

ポッパ山日帰り観光ツアーの料金プラン(以下のプランから選択できます)

大人(12歳以上)1人あたり 296 USD [約 32,135 円]
※ お一人のみでのご参加に限り326 USD [約35,392円]になります。
子ども(2-11歳)1人あたり 148 USD [約 16,067 円]
ガイド料 105 USD [約 11,399 円]

このプランで仮予約する

大人(12歳以上)1人あたり 296 USD [約 32,135 円]
※ お一人のみでのご参加に限り326 USD [約35,392円]になります。
子ども(2-11歳)1人あたり 148 USD [約 16,067 円]

このプランで仮予約する

ページトップへ